たなひゅんの「いまさら」ブログ。

好きに今更なことも書いてます。雑記ブログを書いていきます。

風の谷のナウシカ3巻を読んだ。ナウシカは兵士の癒し。

スポンサーリンク

 

 私がSTAYHOMEで、改めて読んでみたい漫画があったので、この機に旧作で読み進めているものがあります。

 それは、「風の谷のナウシカ」の原作漫画です。 

風の谷のナウシカ 3 (アニメージュコミックスワイド判)

風の谷のナウシカ 3 (アニメージュコミックスワイド判)

  • 作者:宮崎 駿
  • 発売日: 1984/12/15
  • メディア: コミック
 

 自作絵以外の画像はジブリさんの著作です。引用させて頂いております。

作品の著作権表示 - スタジオジブリ|STUDIO GHIBLI

 

私は映画で見たことがある程度でした。

 原作は7巻にもおよび、映画よりも世界観もストーリーも深く、濃い内容になっています。映画では、その内容がギュッと濃縮されているので、漫画では、設定など詳細に堪能できそうです。

 現在(2020年5月時点)、NHKで未来少年コナンも放送されておりますので、宮崎駿先生の作品を楽しむ機会にしたいと思います。

 少しづつ読み進めていますので、記事にするのに時間がかかるところもありますが、ご容赦ください。

 なお、作品の感想記事ですので、ネタバレ要素がありますのでご注意ください。

 なるべく、ざっくりな内容を心がけます。

  

スタジオジブリ公式サイト

www.ghibli.jp

 

風の谷のナウシカ 作品紹介文 原作より抜粋。 

f:id:tanahyun:20200529170720j:plain

 ユーラシア大陸の西のはずれに発生した産業文明は

 数百年のうちに全世界に広まり

 巨大産業社会を形成するに至った

 

 大地の富をうばいとり、大気を汚し

 生命体をも意のままに造り変える巨大産業文明は

 1000年後に絶頂期に達し

 

 やがて急激な衰退をむかえることになった

 「灯の7日間」と呼ばれる戦争によって都市群は有害物質をまき散らして崩壊し

 複雑高度化した技術体系は失われ

 

 地表のほとんどは不毛の地と化したのである

 その後産業文明は再建されること無く

 永いたそがれの時代を人類は生きることになった

 

3巻を読んだ感想とざっくりネタバレ 

f:id:tanahyun:20200606181532j:plain


 ユパたちはマニ族僧正の命と引き換えに脱出した。

 その後ユパたちはドルクの浮砲台につかまり、不知の腐海に落ちる。

 ドルクの蟲使いに息の根を止められそうなところを、「森の人」と呼ばれる存在に助けられる。

 ユパは「森の人」の瞳に、ナウシカと同じまなざしを感じる。

 

 一方、ナウシカの人間性に、クシャナ、クロトワ、トルメキア兵は心打たれていく。

 トルメキア、ドルクどちらにもキレイな正義は無い。ただの植民地戦争だ。

  

 ドルクは科学と超能力の発展した国だ。

 皇弟ミネルバはドルクの実権を握る人物だが、設定が深い。

 説明が難しいが、神聖帝国の墓所より「黄泉がえり」した人物である。

 「沐浴」という科学培養液で延命治療を施さなければならない体だ。

f:id:tanahyun:20200606184132j:plain

 そのドルクに「青き衣のもの」として恐れられるナウシカ。

 ナウシカは清らかな心に反し、人非ざる力を持つ。

 もののけ姫のアシタカのようでもあるし、戦略に長け、判断力と知力もある。

 戦を望まない性格と矛盾し、クシャナとともにドルクと戦うことになる。

 

 ドルクの皇弟付き僧正は、「青き衣のもの」ナウシカを殺そうとするが、トルメキアの「白い魔女」クシャナの想定外の攻めに押し込まれる。

 

 それにしても、クロトワは映画とはかなり人物像が違う。

 かなりゲスい女好きな脳内で、打算的な部分も目立つ。

 ただ、読み進めると憎めない重要な人物であるとわかった。

f:id:tanahyun:20200606181452j:plain

 このナウシカ原作を連載でTVや配信でアニメ化すれば、ヒットしそうだが、それをやらない宮崎駿さんの作ったジブリならではの粋も感じる作品だ。

 是非お勧めしたい漫画です。アマゾンなどで購入できますので、気になる方はご検討してみてくださいね。

 

youtubeで気になる動画


Nausicaa&Teto (ナウシカ&テト)

 卒業制作で、個人の方が作られた映像です。

 キレイな映像ですので、是非ご視聴おすすめします。

 

他のジブリ関連記事

www.tanahyu.com

www.tanahyu.com

風の谷のナウシカ記事 

www.tanahyu.com

www.tanahyu.com 

www.tanahyu.com 

www.tanahyu.com

www.tanahyu.com

www.tanahyu.com

 

 おすすめアニメ記事

私が書いている記事です。読んで頂けると幸いです。

 

 

www.tanahyu.com

www.tanahyu.com

www.tanahyu.com

www.tanahyu.com

www.tanahyu.com

www.tanahyu.com

www.tanahyu.com

 

 

まとめ

 7巻ものボリュームなので、時間を見つけて読んでいますが、やはり面白いです。

 あの雰囲気や世界観は、やはりジブリでしか出せませんよね。

 なるべく掻い摘んで、ざっくりなネタバレ要素になるように記事にしました。

 とても面白いので、私のように読まれたことのない方には、おすすめしますよ。

 

f:id:tanahyun:20200503232603j:plain

最後までお読みいただきありがとうございました。