たなひゅんの「いまさら」ブログ。

好きに今更なことも書いてます。雑記ブログを書いていきます。

風の谷のナウシカ2巻を読んだ。念術、古代語なんでもありだ。

スポンサーリンク

 

 私がSTAYHOMEで、改めて読んでみたい漫画があったので、この機に旧作で読み進めているものがあります。

 それは、「風の谷のナウシカ」の原作漫画です。

 

風の谷のナウシカ 2 (アニメージュコミックスワイド判)

風の谷のナウシカ 2 (アニメージュコミックスワイド判)

  • 作者:宮崎 駿
  • 発売日: 1983/07/20
  • メディア: コミック
 

自作絵以外の画像はジブリさんの著作です。引用させて頂いております。

作品の著作権表示 - スタジオジブリ|STUDIO GHIBLI

 

私は映画で見たことがある程度でした。

 原作は7巻にもおよび、映画よりも世界観もストーリーも深く、濃い内容になっています。映画では、その内容がギュッと濃縮されているので、漫画では、設定など詳細に堪能できそうです。

 現在(2020年5月時点)、NHKで未来少年コナンも放送されておりますので、宮崎駿先生の作品を楽しむ機会にしたいと思います。

 少しづつ読み進めていますので、記事にするのに時間がかかるところもありますが、ご容赦ください。

 なお、作品の感想記事ですので、ネタバレ要素がありますのでご注意ください。

 なるべく、ざっくりな内容を心がけます。

  

スタジオジブリ公式サイト

www.ghibli.jp

 

風の谷のナウシカ 作品紹介文 原作より抜粋。 

f:id:tanahyun:20200529170720j:plain

 ユーラシア大陸の西のはずれに発生した産業文明は

 数百年のうちに全世界に広まり

 巨大産業社会を形成するに至った

 

 大地の富をうばいとり、大気を汚し

 生命体をも意のままに造り変える巨大産業文明は

 1000年後に絶頂期に達し

 

 やがて急激な衰退をむかえることになった

 「灯の7日間」と呼ばれる戦争によって都市群は有害物質をまき散らして崩壊し

 複雑高度化した技術体系は失われ

 

 地表のほとんどは不毛の地と化したのである

 その後産業文明は再建されること無く

 永いたそがれの時代を人類は生きることになった

 

2巻を読んだ感想とざっくりネタバレ 

f:id:tanahyun:20200602201643j:plain

 ペジテのアスベルと腐海を脱出するナウシカ。

 ここから映画と大きく違ってきます。

 映画ではペジテ残党と合流するが、ここではドルク諸侯国の一つのマニ族と出会う。

 ドルクの族長は僧であり、僧正が肩書だ。

 マニ族僧正は神通力やテレパシーなどを使うが、会うなりナウシカに何かを感じる。

 

 ドルクは神聖皇帝によって統治される国。

 トルメキアと対決するべく、神聖皇帝は暗躍しているようだ。

 その一つの策として、映画でおなじみのオウムの子を串刺しにして、オウムの集団に襲わせるという残忍な方法を取る。ピダ族のアイディアだと言う。

 非道な方法にマニ族僧正は怒りを抱く。

 強力な皇弟と対峙する僧正。

 その場にいたユパとアスベルら助けるべく、命を賭して囮となった。

f:id:tanahyun:20200602210306j:plain

 皇弟は予言の「金色の青き衣のもの」がナウシカであることを知る。

 テレパシーで僧正の危機を感じ、僧正のもとへ向かおうとするが、ナウシカの身を按じ、来るなという。

 しかし、一筋縄でいかないのが皇弟。

 幻術で、離れたところにいるナウシカを取り込もうとするが、ナウシカの天賦の力で振り切られる。

 映画と違う世界観、戦闘シーンやストーリーが原作漫画にはある。

 ナウシカの飛行服姿も映画には無い見どころだ。

 その姿にこれからの冒険、ナウシカの決意を感じる。

 

 

youtubeで気になる動画


Nausicaa&Teto (ナウシカ&テト)

 卒業制作で、個人の方が作られた映像です。

 キレイな映像ですので、是非ご視聴おすすめします。

 

他のジブリ関連記事

www.tanahyu.com

www.tanahyu.com 

www.tanahyu.com 

www.tanahyu.com 

www.tanahyu.com 

www.tanahyu.com

www.tanahyu.com 

www.tanahyu.com

  

 おすすめアニメ記事

私が書いている記事です。読んで頂けると幸いです。

www.tanahyu.com

www.tanahyu.com

www.tanahyu.com

www.tanahyu.com

www.tanahyu.com

www.tanahyu.com

www.tanahyu.com

www.tanahyu.com

www.tanahyu.com

 

まとめ

 7巻ものボリュームなので、時間を見つけて読んでいますが、やはり面白いです。

 あの雰囲気や世界観は、やはりジブリでしか出せませんよね。

 なるべく掻い摘んで、ざっくりなネタバレ要素になるように記事にしました。

 とても面白いので、私のように読まれたことのない方には、おすすめしますよ。

 

f:id:tanahyun:20200619212112j:plain

ご覧いただきありがとうございました!!